Img_f97c15b15032d4da44978b6b773e8917
デッキの上に松の大木が
Img_a170eed532060a13be4a6fbab09c1ff1
Img_253b9b6cabe90fa004e40b49e26c132d
たしかに、屋根にささってる・・・
10日ほど前のことです。

全国的に大荒れの天気だった週末、
私が大阪で遊んでおりますと、
息子から「屋根に木がささって穴が開いた~」と電話。

今ひとつ状況が把握できなかったので、
ケガはないというし、じゃ掃除しといてね、と
トンチンカンなアドバイス(笑)

週明けに帰宅したときは
すでに片付けられていましたが、
写真を見てようやく、これは『事件』だとわかりました!

わが家を知ってる方なら、この写真を見て
かなり驚かれたと思います。
強風で後ろの森の木が折れ、
わが家のほうに倒れてきたのです。
家屋をかすめて、デッキの上に・・・
デッキそのものは無事でしたが、テーブルとイス、
物干し竿などが壊れました。

下の画像、
10歳の息子がまたがっているのがその木。
かなりの太さです!
もちろんその瞬間は、すごい轟音がしたそうです。
まともに家を直撃しなかったのが不幸中の幸いでした。

この事件であらためて思ったことは、
自然を甘く見てはいけないということ。
それから・・・
働きもので器用な夫で本当によかった!
一人でこれを片付けるのは、かなり大変だったはず。

男は外仕事、女は家の中の細かな用事・・・という考え方、
本来はあまり好きではないのですが、
こと田舎暮らしに関しては、なるほど、そうだよね、
と納得する場面がやっぱりあるんですね。
自然の中で生きていくには、力仕事がつきものなのです。

薪にするため、玉切りも済ませてありましたとさ。
感謝、感謝!
Img_b43276f0ca1d363b5790b77287b26538
Img_bc42b64c6189b8e534b239d62c9dbb48
玉切りした原木。これを薪割りします。