Img_2889dad3cf113e27fb10b96ebc19ddad
8月は私の誕生月。
子どもの頃、「なんで誕生日が夏休み中なんだよ・・・」と
ひそかに親を恨んだものです(笑)

さて、
今週火曜日から、清里フィールドバレエが始まっています。
世界的に見ても珍しいこの屋外バレエイベントは、
回を重ねて、今年でもう24回目。
清里の夏には欠かせないものになっています。

高原の星空の下で行われる舞台はただただ幻想的で美しく、
タイミングよく霧が立ち込めてダンサー達を包み込んだ時などは、
こんなにきれいなものがあるのかと、涙が出るほどでした。

もちろんダンサーは一流のプロの方々ですが、
劇場やホールで鑑賞するバレエとはまったく違うよさがあり、
私のようにバレエに詳しくない人間でも楽しめます。

例年は3つのプログラムを日替わりでやっていましたが、
今年は「ジゼル」のみ。一本にしぼって、
特別なジゼルになっているそうです。
私も楽しみにしています。

フィールドバレエは10日(土)まで。
期間中はてんつくりんは19時まで営業していますので、
開演前のひととき、ぜひお立ち寄りください。

写真は昨年のフィナーレの様子。
ダンサーさん達が舞台から降りてきて、
お客様をお見送りしてくれます。感動ですよ~!