Text Size :  A A A
|  Top  |  てんつくりんのこと  |  イベント・News  |  店長日記  |  リンク・ブログ  |  お問合せ  |
Img_3a4a1c17bc2ce54fdc9f1889e91bfc27
4/2大阪・四天王寺さんの桜
Img_86ce2927c9aee8e55c48dc3409963303
現在の地名は岡山県真庭市
Img_3c856c0e45571516e7cd3078989839f1
祖父の生家
久々に西へ行ってきました。
駆け足で大阪から岡山へ・・・
両親と一緒にお墓参りでしたが、
数か月前から楽しみにしていたのは
今回初めて祖父の生まれ故郷を訪ねることでした。

呰部と書いて「あざえ」。
変わった地名です。
子どもの頃から耳では聞いてはいましたが、
漢字を知ったのはごく最近。
PCでもスマホでも変換されます(笑)

岡山北部の山間にあるこの町で
祖父の家は商店を営んでいました。
次男坊だった祖父は岡山市に出て、
何度か商売替えをし、
祖母が苦労した時代もあったそうですが、
私が物心ついた頃には落ち着き、
2人で小さな製麺所をやっていました。

高齢で仕事をやめるまで、
早朝から起きて粉まみれで働き、
夕食前には毎日帳面をつけ、
お客さんから注文の電話を請け、
そのあと決まってキリンビールを1本開けて・・・

その日課は、たまに娘(母)と孫が訪ねてきても
寸分の狂いもなく行われておりました。
黙々と地味に働く、几帳面な祖父の姿は
子ども心に印象深かったです。

Img_3ce9177e9c02b746ef09fbe1db173d30
店内には骨董品?(笑)
Img_70f53715d0f210037211a042aff1caa0
4/4 後楽園の桜
Img_edc6f2edf29b528a9923f0cf1a8cabc6
<おまけ>危険なバス?!
生前の祖父は今の私の姿を知りません。
自分が商売をすることになるとは
夢にも思わなかったのですが、
今では、商売人としての祖父に
親近感をとても感じています。
今生きていたらどんな話ができるかな・・・と。

桜の季節に他界した祖父。
この日は、たまたま命日の翌日だったので、
よけいに祖父を近くに感じられたのかも。

旅の最後は、
祖父に連れて来てもらったこともある
後楽園です。
おじいちゃん、また来るね!