Img_b1905ad59b5eacb84702c60e80f19beed9e0b46d
柿、夏椿、桜・・・材もいろいろです。
山梨県上野原市にアトリエを持つStudio Y.E'Sの石塚えみこさん。
地元の山の樹を使うことにこだわり、
樹の自然な表情を生かしたテーブルや椅子をつくっています。
グラフィックデザイナーからログハウスビルダーを経て
家具作家に落ち着いたという、元気で楽しいひと。

彼女のセンスを生かしたカッティングボードは
てんつくりんのオープン時からの定番品。
パンやチーズをカットしてそのままテーブルに出したり、
焼き菓子を盛り付けてもおしゃれ♪
小さいサイズのものは鍋敷きや花台としても使えます。

今回の入荷は20枚。お値段はSサイズ3000yen~。
世界にひとつの色と形を楽しんでください。
Img_eab71e1fab911cffb95555943480e8386a0e3754
350年続く暖簾…重みを感じます。
Img_6078f2eaf642169396b0c538b05f3e9e4cba7337
斉藤由妃子さんの「ざくろの一輪挿し」
Img_2de909fa194d2f579404c7b95f0979a1c476d9f6
Bitte!さんのドライフラワーのブーケ
諏訪の銘酒「真澄」 (Click!) の蔵元・宮坂酒造さんでは
ただいま350周年をお祝いするイベントが行われています。

柿渋作家のマリうえださんに誘っていただき、
新築の蔵元ショップの軒先で1週間、お店を出すことになりました。

他に、佐々木好正さん(陶)、ツパイ工房さん(ガラス・金工)、
Bitte!さん(ドライフラワー・バスケットなど)とご一緒しています。
フードコーナーではLOPCHU TEA GARDENさんの紅茶や
八ヶ岳の美味しいクッキー、スコーンなども販売しています。

どういうわけかお酒が好きなメンバーが集まってしまい、
ちょっと試飲のつもりがついつい酒盛りに・・・^^;

時間は毎日10時~4時頃まで。
日曜日までやっていますので、お近くの方どうぞお立ち寄りくださいませ♪

*悪天候の場合は変更もあります。ご了承ください。
Img_f158f9df907ec13b8a5e466ba388dd44c5e243e3
ツパイ工房さんの風鈴。もうすぐてんつくりんにも登場します
Img_780cb2489856c453256a0a6f7406a02cae9a565a
今日はとても気持ちのいい一日です。
雲ひとつない青空に、八ヶ岳の残雪がくっきりぴかぴか!
写真なんて撮りませんよ~。
だって実際に見るのと全然違うんですもの。

私の八ヶ岳暮らしも4年目に突入しましたが、
毎日こんな景色を目の当たりにできるなんて、
本当に恵まれた贅沢なことです。
それを思うと、田舎暮らしの不便なことなんか、
全然気になりません。本当です。

今日は真澄さんには夫がお邪魔しています。
(酒盛りになっていませんように・・・)
私は萌木の村の店におります。

よろしくお願いします♪
Img_aa4336d615b86c5aa189646883a3efd1fe3678d4
Img_0142c10172bba2aa78424ab9dc169f7e680865c0
Img_a9e89be3affa89e0906cf13c179a2fd7ceb57956
昨日に引き続き、温かい朝です。

ふと地面を見ると、たぶん、昨日までなかった緑のもの発見!

てんつくりんの前に、このログハウスに入っていた
シュガープラムさん (Click!) が植えていたチューリップが
あちこちに芽を出していました。
嬉しい!!

毎年そうですが、
枯れた茶色の中にみずみずしい緑を見つけた時は、
思いがけない贈り物を受け取ったような気分になります。
自然は都会にだってあるし、毎年お花見もしていたけれど、
冬が長く厳しいこの土地で「春」を待つ気持ちは格別。

お客さまも同じ気持ちのようで・・・
昨日は春服を求めて来てくださる方が多かったです♪

この春からお付き合いを始めた「益久染織研究所」は
手紡ぎのオーガニックコットンの糸と布のメーカーさん。

画像はその布を柿渋で染めたラップワンピース。
手紡ぎの糸には自然のUVカット機能があるそうです。
ワンピースだけど、画像のように、
コートのように軽くはおっても素敵です。

ほかにも天然素材のお洋服やストールなど入荷しています。
見に来てくださいね~。
Img_ffa173ca0377db967d1ca06b05561ce794fddf1e
図案からオリジナル。素材はリネンのみ。
Img_8f2f471b17306fee4f6d0e1a9b64dd82a5ee8b1f
巾着 3,570yen
Img_c57f50ce43d20cbf5ffecf1955a7c2b71a0d5c60
横長bag 16,800yen、コースター787yen、
私のお店に作品を置いてくださっている
作家さんは、今20人くらい。

どうやって作家さんを探すのですか?と
たまに聞かれることがあります。
大変ですね、とも。

でも考えてみると、探さなくても
向こうから来てくださることも多いんですね。
なんて幸運なんだろ私。

<きびhandworks>の永井純子さんもそう。

じつは私、自分ではしませんが、かなり刺繍好き。
クロスステッチ、いいなぁと思っていたところ、
突然、永井さんが訪ねてくださいました。

オリジナルの図案を起こして、
リネンに丁寧に刺してあります。
目の細かさにびっくり。私には絶対ムリ~~。

袋物はもちろん、ハンカチやコースターも
生地から手づくりです。
画像のストールは23,100yenとお値段も張るのですが、
ものすごく素敵ですよ。色も思いきり私好み。

コースターなど、気軽に買える小物もあります。
ぜひ店頭でご覧くださいね。



Img_8ee7c72ed44accedd6c907df6c70ac29f21d981a
山梨県民になって4年目の私ですが、
大阪出身の私にとって、
「山梨」は遠くて、なじみのない場所でした。

ただ唯一の縁といえば、
山梨にひとりだけ友達がいたのです。
その人、Wさんと私は、いわゆるペンフレンド。
メールもインターネットもない時代、
彼女とは雑誌『小学校5年生』を通じて知り合い、
小学校5年から10年ほど文通していたのです。
途中1度だけ、彼女が京都に旅行で来た時に、
実際に会ったこともありました。

文通が途切れてからも、
お互いの近況は年賀状で知らせていましたが、
ある時、ある出来事をきっかけに、
音信不通になったのでした。
もちろん山梨に引っ越したことも知らせていません。

先週の日曜日のことです。
そのWさんが『八ヶ岳デイズ』を見て、
てんつくりんに訪ねてきてくれました!
もう、すごい感激!!

しかし残念ながら私は不在。応対した夫に
「たぶん私のことは憶えていないと思うけれど」と
おっしゃったそうです。

いいえ、とんでもない。
私は今でも彼女の実家の住所を憶えていて、
あれはどの辺なのかなぁ、と時折思い出していて・・・

今、Wさんは甲府に住んでいるそうですが、
うっかり連絡先を伺うこともしませんでした。

ぜひぜひ、お目にかかりたいです。
またのご来店を心待ちにしています!
Img_13f5f7828b333726cf916f1037ef0e43e3534c1e
嬉しい知らせが届きました!

私の移住友だち(そんな言葉ある?笑)であり、
一緒にてんつくりんを立ち上げた大切な仲間、
高橋昭浩さん&純子さんの念願のお店が
来月5日にオープンします。

もともと、一緒に移住しようと決めたときから、
「高橋さんの店」を視野に入れて、
ここ八ヶ岳を選んだ私たち。

そのくらい、2人のお店は、
まわりの私たちにとっても大きな夢だったのです。

保育園の保護者会で知り合って以来、
仲間うちの集まりでは必ずみんなのために
プロの腕をふるってくれた、昭ちゃん。
そして昼間は仕事で忙しい彼に代わり、
食材の買出しや下ごしらえに追われていた純ちゃん・・・

人を喜ばせることが大好きな2人です。
きっと素晴らしいお店になると思う。
これからはお客さんのために頑張ってね!
ずっとずっと応援しているよ。
Img_3f36c4a56e516fb23e516c19794cdcc3ff2d2793
昨日の晩ごはんに、話題の塩麹を使ってみました。

ゆでた野菜に適量加え、
ビニール袋に入れて、もみもみ。
30分くらい置いたら浅漬けの出来上がり。

これが想像してた以上に美味しい!

これから八ヶ岳でも地元の野菜がどんどん出てきます。
素材がいいから、あまり手を加えずに、
ただゆでたり、炒めたりして、食べるのですが、
それっていちばん贅沢なご馳走だなーといつも思う。

地元の新鮮なものを安心して食べられることに
感謝しないといけないですね。
Img_fa2b5abc3f077ebe2d8a5f6f64695d27dc24bcb5
行きはよいよい、帰りは・・・
Img_6b5e3401c0ec20fb9190427a987cd0be9b17954d
帰りはずっと上り!汗だくで玄関に倒れる!部活のあとにこれは厳しいなぁ・・・
この春から中学生になった長女。
今日から自転車通学を始めました。

八ヶ岳の生活でいちばん困るのは、
どこへ行くにも車が欠かせないこと。
とくに子どもの送迎には本当に振り回されます。

子どもにしたってこの状況が楽しいはずもなく、
たぶん窮屈な思いをしてると思います。
休日に友だちに会うのも親に「送って」と頼まないとならないし、
一人でコンビニに行くことさえできないのだから。

というわけで、
片道5キロ以上、アップダウンの激しい道のりですが、
バスか?自転車か?に娘は迷わず自転車を選択。

私に似ず、運動能力に恵まれた娘は
もっと体を鍛えたい、足が速くなりたい、という。
それも目的のひとつみたいです。
もう身長も私より1センチ高くなりました。

「行ってきまーす」
みるみる遠ざかっていくその背中には翼が生えているようで、
嬉しいような、寂しいような、朝でした。

Img_10d4b1ea37ba027cae5738b35096ecd994955916
私にとって4度目の春。校庭の桜も満開です。
昨日は小学校の参観・懇談とPTAがありました。
そして毎年この日の晩にPTAの歓送迎会が行われます。

東京の小学校生活は3年しか体験しなかったけど、
そこではPTAというのは一部の方が
何年も続けて役員をなさったりしていて、
その他大勢にはほとんど関わりのない場でした。

しかしこちらでは、わりと身近な集まりだったりします。
なんといっても世帯数が200とちょっとしかないし、
子どもがお世話になっている小学校でも中学校でも、
PTAの三役は最高学年の親から出すことになっています。
つまり、誰にでもチャンス(キケン?)があります。

今年は私も歓送迎会に参加してみました。

どんなもん?と好奇心が半分だったのですが、
先生ともゆっくり話せたし、
これまで挨拶程度しかしなかった保護者の方とも
お近づきになれたので、参加して本当によかったです。
なにより楽しかったし!

校長先生はじめ、みなさんの「歌」も素晴らしかったです♪
(写真の掲載は差し控えておきます。笑)