Img_2190c35a7218929e3da99e442f8f32866efb7669
Img_faa265695b2aa3667b7b9e210427150c60005333
フェルトソープ(アルザスのひつじ小屋)600yen
Img_8b718e7c8e452a749b7221f8bafd69932dde6791
加彩中鉢(樹ノ音工房)2100yen
秋ですねぇ。
朝、いつも車を停めている駐車場の木に
きれいな実が色づいているのを発見♪

朝の掃除では、落ち葉が少しずつ増えてきました。

夏は虫、秋は落ち葉、冬は雪かきと寒さ。
何をゼイタクなと思われるでしょうが、
ここ萌木の村へ移ってからの悩みワースト3。
こうやって書いてみると、やっぱり春が一番いいかも。

今日は高梨真菜子さん (Click!) からフェルトソープが届きました。
フェルトソープは、羊毛フェルトで石けんを包んだもので、
そのまま水に濡らして、普通の石けんのように使います。

こちらは去年の秋、OPENした当時から置いているのですが、
今年の春あたりからじわじわと人気が出てきて、
正直、ご本人もびっくりの売れ行き(笑)
今では毎月何十個単位で作っていただいています。

最初の頃は抽象的な模様のみだったのですが、
今では季節の花や木の実のほか、
アトリエ名である「アルザスのひつじ小屋」にちなんだ
羊のイラストなど、毎回お願いするたびに新柄や
より洗練された色使いで届くので、
私もとっても楽しみにしているんですよ。

もうひとつの秘密は嬉しい「おまけ」が付いていること・・・
これは店頭で実際にご覧くださいね。
高梨さんのアイデアと気配りが詰まっています。

さて、下の写真はおなじみ樹ノ音工房 (Click!) 
サトウアカネさんの器。

樹ノ音工房さんの器のなかで
この加彩のシリーズは、アカネさんがおひとりで
絵付けをされているので、限定数しか作ることができません。
毎月入荷しているのですが、
ご覧になるチャンスがない方も多いはず。

先週の金曜日、珍しい中鉢(直径155×高さ40mm)が
入ってきました・・・が土日でほとんどが出てしまい、
今、店頭にあるのがこちらの2枚だけです。
さくらと、赤い花・・・何でしょう、アカツメクサかな?
どちらも私はすごく好きな柄です。

もしこの写真を見て、ピンと来た方は、
てんつくりんにお電話ください♪
Img_69936e92eb7922b697015072601dae0a30d24f46
House candle 682yen
Img_f996e08ec950f3cdbfe1b626742b9d5cbfd0d3c6
Bird candle 1575yen
Img_3fd8060a3a0925aa5c1c71c2eb0a1d96e45db217
店の前の楓の木。少し色づいています。
「昔からロウソクが大好きで、
いつの間にか生活に欠かせないものになっていた」
という、<灯々舎>モチヅキマサミさん (Click!) 
ご自身の妊娠をきっかけに、
体にも環境にもやさしい天然素材のキャンドルを
作り始めたそうです。

モチヅキさんのキャンドルに出会ったのは
大阪の雑貨屋さん。連絡してみると、
岡山在住とわかってびっくり!

岡山は私の両親の出身地で、
小さい頃から何度となく訪れています。
そして、この店や私の自宅には、
岡山の祖父母の家から取ってきた建具や生活道具が
たくさんあります。

そんなわけで、この出会いは偶然ではないと
すっかり舞い上がってしまった私でした。
(思い込みの激しいタイプ。笑)

はちみつの香りがする蜜蝋や
すすが出にくい大豆ワックスを使った
ハンドメイドのキャンドルは、
なんともいえないやさしい色彩と愛らしいかたち。

ひとつひとつ違うおうちのデザインが
本当に可愛い。
心がこもった繊細な手仕事です。

秋の夜長、たまにはロウソクの灯りで
過ごしてみるのも素敵ですね。
Img_ea3d1945b2049772b48504303ae6c0e5005ca0c8
iPhone/スマートフォンケース各種
Img_7f3e91f2980890f12d5a7b75a5544f1354dd7fa4
バッグ 7875yen
Img_48d589daa78dfcb07acc53100854fc19bee6e7c6
また遊びに来てくださいね♪
帽子にミニスカート、ブーツを履いたこのヒト。
彼女に初めて出会った時の衝撃は忘れません。

jolie saison29 (Click!) のフェルトバッグ。

もちろんバッグの色や形も素晴らしく可愛いんだけど、
もし、この小さな刺繍がなかったら、
こんなに好きになったかな?と思うほど、
作品の雰囲気にぴったりだし、お互いに引き立て合っていて。

私はとっても悩んで買いものをする人なんですが、
jolie saison29さんのバッグは即買いでした。
彼女が私を呼んでたから(笑)

あれから3年、ご縁があって、
この店に置かせていただけることになりました。
自分が大好きなものを紹介できるのって幸せ♪
みなさまよろしくお願いします。

大泉で一緒にてんつくりんをやっていたchikoねーさんが
高校時代からのお仲間とご来店。 (Click!) 

いつもいろいろとお買いものしてくださるのですが、
この日、一人の方がこのダークブルーのバッグを選んでくださいました。
この方もやはり「彼女」に参ったそうで・・・

これからの季節、彼女と一緒に楽しんでくださいね。
ありがとうございました♪
Img_eae9b095b5dd21e2c3e162ec837c93d1857655e7
窓の横に・・・
Img_fa48ec065742bb1db98b30c38b515961399d89c7
謎のポスターが。
明日、9月15日は小学校の運動会です。

東京では、小学校の校庭は狭く、座る場所はありませんでした。
お弁当を食べる場所もないから、
子ども達は教室でお弁当を食べていました。
だから親は、自分の子どもの出番だけ見てすぐ帰るのです。

都会でも、そうじゃない学校もたくさんあるみたいですが、
お弁当を家族一緒に食べないのは、
私の場合、自分の小学校時代がすでにそうでした。

こちらの学校では、どの子も、家族と一緒に食べます。
また、全校生徒が250人くらいなので、
出番が次々やってくるし、全校で行う鼓笛や表現も充実した内容で、
大変見ごたえがあって素晴らしいのです。

長女が中学生になったわが家では、
小学校の運動会に行けるのも、今年を含めてあと3回。

先日、長女の学園祭に行ってきましたが、
それはそれは、寂しいものでした。
(親にとって、という意味です)

そんなわけで、大変勝手ながら
明日は営業をお休みさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
Img_45fdb0d023fa36e509e13815867402a50a3a6994
出番を待つ一輪車。息子の運動会にて。
Img_5df5af27f241332ebbe3bfe7eed1d03ea9afb31d
Img_4aa9db233a8843992363d7b1d877b3400abbb32a
注)木曽福島駅前の「くるまや本店」です。お間違いなきよう。
息子の運動会と三連休がバタバタと過ぎていき、
日常が戻ってきました。

今週、店の定休日と運動会の代休が重なっていたので、
長野の木曽福島までひとっ走り、蕎麦を食べてきました。

木曽駒高原は、小学生の頃から何度も遊びに行っていたところ。
そこには伯父と伯母の小さな別荘があるのです。

途中、足が遠のいたこともありましたが、
結婚して東京に住んでからは、私の夫もそこを気に入って、
片道4時間以上かけて、ひと夏に数回通ったことも。

行って何をするわけでもないのですが、
緑の中に身を置くだけで仕事の疲れや悩みごとが
スーッと消えていくような気がして…

ふだん都会で暮らし、たまに田舎に遊びに行く。

このライフスタイルを逆にできないか、と思ったことが、
私の移住の最初のきっかけでした。

それはさておき、
木曽福島へ来ると、毎日「くるまや」 (Click!) で蕎麦を食べました。

こちらの蕎麦は、蕎麦(=もっちり)もつゆ(=甘め)も個性的なので、
好き嫌いが分かれるところだと思いますが、
私にとっては日本一おいしい蕎麦なんです。
連休やシーズンの週末は、同じ思いの方々が大行列を作ります。

何年通っても変わらない店構えやお店の人も感じがよく、
蕎麦を食べるだけの旅でしたが、半日楽しんできました。

さて、今日は週末。
お天気もよくなってきましたよ♪
Img_968913292859037e37c62c0ba3af642714bd1440
つやっつやの栗!
Img_c099a1792eea3523f8e18eb1d9118a1eb131748c
萌木の村はハロウィン一色です。
小学生の息子は片道50分かけて通学しています。

自宅はバス通学可の範囲にあるのですが、
結局バスで通学したのは最初の1年間だけでした。
地元の人たちにも「スゴイねぇ」と驚かれるのですが、
親よりも、本人が徒歩通学希望なのです。

そりゃそうですよね。
私自身も、片道15分くらいでしたが、
通学路での思い出ってけっこうあります。
とくに下校時なんか楽しかったもんなぁ。

先週は、栗拾いが彼のブーム。

今年は栗のなり年だとどこかで聞いたのですが、
そのせいか、今までにないほど、
道にボトボト落ちているんです。
それも、つやつやで太っていてすごくキレイ。

昨日ゆでて食べましたが、味は・・・…
ちょっと、がっかりしていました(笑)

通学路は見晴らしがよく、
行きは富士山、帰りは八ヶ岳に向かって歩きます。
両側には田んぼや畑が、移ろう季節を教えてくれます。

大人になっても、どんな場所に住んでいても、
時々この通学路のことを思い出してくれたら嬉しいな♪
Img_8e75b71861dc31a09abd502902d0c2e1fd8e2704
またまた子どもネタで恐縮ですが、
昨日、娘のバレーボールの大会がありました。

市内の中学校たった6チームの参加ですが、
結果は嬉しい3位!

1、2年生のみの新チーム、しかも、
主力の2人が故障して出られなかったことや、
6チームだけのトーナメントなので、
娘のチームは3位になるまで4試合連続で戦ったことなど、

厳しい条件の中での3位は、
子ども達にとって大きな達成感と自信になったと思います。
顧問の先生や保護者も大満足。

娘がバレーを始めたのは5年生の時。
せっかく身長が高いので、何かスポーツでもしたら?くらいの、
単なる私の思いつきがきっかけでした。

何か、といっても選択肢はバスケかバレーしかなく、
娘は両方とも知らなかったので、両方見て決めるつもりでした。
が、たまたま先に見に行ったのがバレーで、
娘はその日にすぐ入りたいと言ったのです。

私は子どもの頃「アタック№1」のテレビアニメが大好きで、
よく妹と風船を打ち合って、バレーボールごっこをしていました。
それに関係あるかどうかは知りませんが、妹は中高とバレー部。
しかし、私はついに体育の授業以外でバレーをすることは
ありませんでした。

だから、娘がバレーをやるようになって、
一番喜んでいるのはじつは私かもしれません。
子どもにとっては甚だ迷惑な話でしょうけれど、
少しだけ疑似体験させてもらっています。

子どもがなかなかできなくて、
子どものいない人生も考えていた私にとっては、
本当に贅沢な、夢のような時間をもらっています。



Img_aebe1abff5bef6ca3579927ce5f4d8f35f31074b
Img_333f64b6f70f200d22d41812a72f105d09a97337
ガラスもの315yenより 安いよ~♪ 
Img_c29c9bd761e8d9cff5ff4bd43f1ed7e61246aba4
北インドのお母さん達が編んだ靴下 2,310yen
てんつくりんの1階ガレージに
期間限定で古道具やがOPENしました!

懐かしい昭和の家具や道具たちが並んでいます。
古いものが好きな方、
掘り出しものを探しに来てくださいね~。

さて、ここ2、3日、八ヶ岳は急に冷え込み、
すでにストーブを炊く人もいらっしゃる様子。
私も朝夕はフリース着用です!

てんつくりんにも
初冬にうれしいあったかアイテムが入荷中。
手編みのベストや靴下など、
ぜひ店頭でご覧になってください♪